よく考えて発毛剤を選ぼう

発毛剤の種類はたくさんありますが、本当に効くか分かって使っているのでしょうか?

もともと発毛剤にはいている成分のなかには、他の治療方法で副作用で毛が生えてきたという発見から、発毛剤として利用されているものもあります。

したがって誰にでも言えることですが、そこ発毛剤が効果があるとは限りません。

体質的に効かないものもあるでしょうし、しかし、自分一人では何が効果があるか分からず、いろいろ試しながら試行錯誤している方も多いのではないでしょうか。

一番良いのは、発毛外来に行くことです。

ここで血液検査などを行い、何が原因で発毛が阻害されているかを調べることが出来ます。

原因は何かが分かっていないとせっかくの発毛剤も、効果が出ません。

保険も利くので、手当たりしだい発毛剤に手を出すよりも安く済むかもしれません。

カウンセラーやセラピストのいる外来もいるので安心していけます。

そして医学的にその人にあった発毛剤を処方して貰うことができます。

いまは頭皮に直接ぬるタイプの発毛剤と、内科的に処方する薬のパターンがあり、2つ併用して治療を行うことで、より多くの発毛効果が期待できます。

発毛剤は専門家に相談しながら使用することが一番だと思います。

発毛剤の中では、ミノキが最も良かったです

最も効果のある発毛剤は、ミノキシジルを含有した製品(通称ミノキ)だと思います。

このミノキにも色んな種類があって、濃度別に大まかに分けると、1%、5%、15%に分かれます。

1%、5%のものは1日2回の使用ですが、15%のものは1日1回の使用です。

日本国内では5%までしか認可されていませんが、海外から個人輸入すれば15%のミノキを使用することもできます(使用は自己責任で)。

私が使用した感想を言うと、1%の濃度では、ほとんど産毛しか生えませんでした。

しかし初期・軽度の男性型脱毛症であれば、じゅうぶんに役立つと思います。

薄毛が気になっている方は、1%から試してみると良いと思います。

次に5%の濃度のミノキを使用したときは、全体的に、かなりわさわさと生えてきました。

1%の濃度の時よりも、もっとしっかりとした太い毛が生えてくるので、頭頂部がかなり薄毛になっている方でも、大幅な回復が見込める可能性があります。

ただし前頭部については、少し物足りない気がします。5%の濃度では、たとえ前頭部に毛が生えても、すぐに抜けてしまいました。

最後に、15%の濃度のミノキです(個人輸入して使ってみました)。

これは他のミノキとは違い、1日1回の使用で、5%の濃度のミノキと併用するタイプのものです。

この15%の濃度のミノキを使用すると、かなり毛が濃くなりました。

とくに5%の濃度の時には、前頭部に生えた毛が抜けてしまいましたが、15%の濃度のミノキを使用すると、簡単には抜け落ちずに、毛が生え続けました。

ただし15%の濃度のミノキを使用していたときは、途中で胸が痛くなったので使用を中止しました。

こういった私の経験から言うと、ミノキは噂どおりにきちんと毛が生えますが、濃度が高くなると、副作用が出る可能性があるので、医師と相談しながら使用するのが最も安全だと思います。

日本で唯一の発毛剤について

薄毛だったり抜け毛を予防するための方法として、根本的に解決をするためにはやはり発毛剤を上手く利用していくことがとても重要な事であると考えられています。

生活習慣を改善することによって頭皮の環境を整えることが出来ると言われていますが、それだけでは発毛をさせるには十分とは言えないんです。

ですからより自分の頭皮に合っていて効果の高い発毛剤を見つけることがキーポイントとなってくるわけですが、私は大正製薬が販売をしているリアップをオススメしたいと思います。

テレビコマーシャルなどでもすっかり馴染み深い商品となったリアップですが、ドラッグストアでも手軽に購入することが出来ると言うことで、発毛剤業界の中でもトップに君臨している王者的な存在と言ってもいいのではないでしょうか。

もちろんただ知名度の高いだけの発毛剤というわけではなく、発毛にとても効果の高い成分であると考えられているミノキシジルもしっかりと配合されていますので、納得の行く効果が期待できるんじゃないかと思います。

またリアップには女性用の発毛剤もありますので、薄毛に悩んでいる女性の方にも使うことが出来る商品となっています。

日本で唯一の発毛剤というキャッチコピーにあるように、とても期待のできる発毛剤だと思います。

調べてみた発毛剤と育毛剤の違い

髪の毛の脱毛が気になり始めた頃に頼りにする商品といえば、まずは育毛剤が思い浮かびますが、育毛剤の他にも発毛剤という名前も聞いたことがあり、一体どう違うのかはよく分かっていませんでした。

しかしこれまでフサフサで、若いころは美容院でたくさん梳いてもらっていた主人の髪の毛が、以前のような勢いがなくなってきたような気がして、何か対策を考えなければいけないと思い、様々な脱毛予防商品を調べてみると、何となく違いが分かってきました。

育毛剤は、基本的に今生えている髪の毛を抜けにくくしたり、太くて丈夫な毛にするための商品で、発毛剤は、脱毛してまばらになってしまったところから発毛させる商品だそうです。

発毛剤・育毛剤それぞれにもたくさん種類がありますし、それ以外にも脱毛予防のアイテムは数えきれないほど販売されているので、一体どれを使えば良いのか分からなくなりますが、その時の頭皮の状態によって、自分には何が合っているのかを見極めて使うことが大切です。

早く成果が出てほしいと焦るあまり、一カ月くらいで効果がでなければ、すぐ商品を変えてしまう人もいるようですが、基本的に同じものを最低三か月は使ってみることが常識らしいので、主人と一緒に気長に頑張ろうと思っています。

発毛剤の効果を実感

薄毛改善のために、3年前からよく宣伝している有名な発毛剤を使用しているのですが、今はびっしりと健康的な髪が生えてきて、発毛剤は素晴らしい効果があると実感しています。

3年前に仕事のストレスが原因で、ものすごく抜け毛が増え、このまま何もしないでいたら、あっという間にハゲになってしまうと、すごく不安になりました。

そんな時、職場の同僚から、使用している発毛剤が効果があると聞き、私も試してみようと思いました。

初めて発毛剤を使用することに不安があったのですが、同僚も使用しているということで、安全だと聞き、安心して毎日使用することにしました。

使用して半年くらいで、段々と発毛剤の効果を実感してきました。

まず抜け毛の量が減りましたし、新しく生えてきた髪の毛が、とても健康的で太くてハリがあるので、驚きました。

薄毛の時は、周りの視線がとても気になって、なかなか仕事に集中できずに、毎日モヤモヤとした憂鬱な気持ちを抱えていたのですが、今ではまったく人の視線が気にならなくなりました。

これも全部、発毛剤のおかげです。

毛髪の成長を促進させ、抜け毛予防をしてくれる発毛剤は、これからも手放せないですし、しっかりと毎日丁寧に使用していこうと思います!参考:効果が分かる発毛剤ランキング

発毛剤を使う原因をはっきりとさせよう

頭が寂しい人にとって発毛剤や増毛は選択肢の一つとして考えていると思います。

増毛といえばアデランスなどが有名ですが、増毛や植毛は安い値段で行われませんし、中には大手であってもぼったくりのような価格で商売をしているところもあり色々なトラブルもあるので最初は発毛剤などを試してそれでも駄目であれば増毛や植毛を検討したほうが良いでしょう。

発毛剤は普通に買えるものと、医薬品扱いのものがあり、効果が高いのは医薬品扱いの発毛剤です。

医薬品なので医師の診断が無ければもらうことは出来ませんし、効果は高いけれど副作用もあるのですべて良いとはいえませんが、治療にも使われているもので使い方を医師が説明してくれるのでそういう面では安全です。

市販で買える発毛剤はリアップだけであり、リアップはミノキシジル配合のものでネット上での評判は高いけれど最低6ヶ月は使わないと目に見えて効果は現れないので、値段を見て無理そうであれば病院にいって保険が利く発毛剤を使うというのも良いかと思います。

発毛剤を使う原因をはっきりとさせ、何故頭皮がそういう状態になったのか根本的解決をすることが大切ですので、本格的に何とかしたいという人は一度診察を受けてみてください。

発毛剤を試してみて

私は40代に入り抜け毛の量がものすごく増えました。

そして薄毛の進行がひどくなってきたので発毛剤を使用してみることにしました。

私が試した発毛剤は、リアップという商品です。

リアップは大手製薬会社が販売している有名商品ですので、信頼できるかなと思ったのです。

リアップはアメリカで開発されて、FDA(米国食品医薬局)から効果の承認を受けたという育毛剤らしいので、期待はかなり膨らんでいます。

ミノキシジルという成分が壮年性脱毛症における発毛、育毛に効果があるそうです。

そして実際に使用しての感想ですが、やはり効果はあると思います。

頭頂部の薄かった部分が心なしか髪の毛が増えたような気がしますし、何より抜け毛が格段に減りました。

発毛剤なんてどうせ効かないよという思いも多少なりともあったので、この効果はとても驚きました。

ただ問題点を挙げるとするならば、多少お値段が張るので、長期間にわたり使用していくのはなかなか痛い出費になります。

しかし、薄毛に悩んでいた日々を考えると髪の毛はお金には変えられないので、頑張って利用していくしかありません。

リアップの使用を続けて、このまま順調に発毛が進み、かつてのようなふさふさな髪の毛に戻ることを期待しています。

発毛剤って効果があるんですね

年をとると髪の毛が少なくなるのは仕方ないと思っていましたが、やはり日がさんさんと当たる場所や、上からライトが当たる場所に行くと、絶対髪の毛が透けて頭皮が見えていると気になっていました。

年をとって髪の毛が少なくなるのは、髪が育ちにくくなると共に生えてくる髪が減ってくると知って、発毛剤を一度試してみようかなと思い始めました。

選んだ発毛剤は使った人の96%の人が効果を実感したというもの。

96%の人に効果があるのなら、いくらなんでも少しは髪の毛が生えてきそうです。

シャンプーした後、髪の毛を乾かしてから指で揉みこむようにしてつけるようにと書いてあったので、そのとおりにして見ました。

使い出して3ヶ月ほどたちますが、頭のつむじのあたりを鏡でうつしてみてみると、以前より産毛が増えてきて、しかもしっかりしている毛が多くなっていました。

これって効いてきたのかもと嬉しくなって、家族に最近少し毛が増えてきたような気がすると言ったら、なんだか髪の毛が黒くなってきたみたいといわれました。

前より艶が良くなってきているそうです。

あきらかに発毛剤の効果がでてきたようなので、もう一本買ってみました。

ものすごく増えなくてもいいけれど、頭皮が日焼けしないくらいにはなって欲しいな。

発毛剤の働きは産毛を活性化させること

育毛の場合は、頭皮への栄養分を十分にいきわたらせる効果だけで良かったものが、発毛剤では発毛を阻害しているが要因を改善し、発毛に必要となる栄養分を供給する必要があります。

発毛剤では、完全に無くなった髪の毛が発生するのではなく、髪の毛が増えたように見えるのは、脱毛が進行して産毛のように貧弱になってしまった髪の毛に活力を与え、長い期間抜けることなく成長し続ける事で太い立派な髪の毛となります。

この髪の毛の密度が増えることによって、若い頃の頭髪の量に戻ってきた..となります。これまで露出していた部分に髪の毛が覆われてくると、風が吹いても地肌が見えることはなくなります。

塗布するタイプの発毛剤で効能が最も高いとされるのがミノキシジルであり、抜け毛の原因となってしまう男性ホルモンの働きを抑制します。そして毛根の働きを活性化して、生えることがなかった毛根から発毛させます。

一つの毛穴から複数の毛が生えてくること、そして毛の太さがアップして産毛から立派な髪の毛へと成長させます。

多少の副作用が認められるものの、効果が高いとされる飲む発毛剤が知られるようになりました。これらはフィナステリドを含有しており、抜け毛の要因となるジヒデロテストステロンの生成を阻害することができます。

医師の診断の元、処方される薬でしたが、ネット通販などでも容易に購入する事が可能であり、含有している薬品類の知識、メーカー、流通価格、副作用の可能性などを各自で判断する必要があります。