よく考えて発毛剤を選ぼう

発毛剤の種類はたくさんありますが、本当に効くか分かって使っているのでしょうか?

もともと発毛剤にはいている成分のなかには、他の治療方法で副作用で毛が生えてきたという発見から、発毛剤として利用されているものもあります。

したがって誰にでも言えることですが、そこ発毛剤が効果があるとは限りません。

体質的に効かないものもあるでしょうし、しかし、自分一人では何が効果があるか分からず、いろいろ試しながら試行錯誤している方も多いのではないでしょうか。

一番良いのは、発毛外来に行くことです。

ここで血液検査などを行い、何が原因で発毛が阻害されているかを調べることが出来ます。

原因は何かが分かっていないとせっかくの発毛剤も、効果が出ません。

保険も利くので、手当たりしだい発毛剤に手を出すよりも安く済むかもしれません。

カウンセラーやセラピストのいる外来もいるので安心していけます。

そして医学的にその人にあった発毛剤を処方して貰うことができます。

いまは頭皮に直接ぬるタイプの発毛剤と、内科的に処方する薬のパターンがあり、2つ併用して治療を行うことで、より多くの発毛効果が期待できます。

発毛剤は専門家に相談しながら使用することが一番だと思います。

発毛剤の中では、ミノキが最も良かったです

最も効果のある発毛剤は、ミノキシジルを含有した製品(通称ミノキ)だと思います。

このミノキにも色んな種類があって、濃度別に大まかに分けると、1%、5%、15%に分かれます。

1%、5%のものは1日2回の使用ですが、15%のものは1日1回の使用です。

日本国内では5%までしか認可されていませんが、海外から個人輸入すれば15%のミノキを使用することもできます(使用は自己責任で)。

私が使用した感想を言うと、1%の濃度では、ほとんど産毛しか生えませんでした。

しかし初期・軽度の男性型脱毛症であれば、じゅうぶんに役立つと思います。

薄毛が気になっている方は、1%から試してみると良いと思います。

次に5%の濃度のミノキを使用したときは、全体的に、かなりわさわさと生えてきました。

1%の濃度の時よりも、もっとしっかりとした太い毛が生えてくるので、頭頂部がかなり薄毛になっている方でも、大幅な回復が見込める可能性があります。

ただし前頭部については、少し物足りない気がします。5%の濃度では、たとえ前頭部に毛が生えても、すぐに抜けてしまいました。

最後に、15%の濃度のミノキです(個人輸入して使ってみました)。

これは他のミノキとは違い、1日1回の使用で、5%の濃度のミノキと併用するタイプのものです。

この15%の濃度のミノキを使用すると、かなり毛が濃くなりました。

とくに5%の濃度の時には、前頭部に生えた毛が抜けてしまいましたが、15%の濃度のミノキを使用すると、簡単には抜け落ちずに、毛が生え続けました。

ただし15%の濃度のミノキを使用していたときは、途中で胸が痛くなったので使用を中止しました。

こういった私の経験から言うと、ミノキは噂どおりにきちんと毛が生えますが、濃度が高くなると、副作用が出る可能性があるので、医師と相談しながら使用するのが最も安全だと思います。